頑張る方法 自分で自分を褒める大切さ

  • はじめに
  • ミニバスの頃頑張れた
  • 漢字テストを40点から70点まで上げた
  • 2つの話から何故頑張れたのか
  • 社会になって周りから褒められることは減る
  • 『自分で自分を褒める』大切さ
  • さいごに

はじめに

社会人になってから今は1年目で思うことがありました。

それは社会人になってからあんまり頑張れないことです。なので、今回は社会人になってから頑張る方法を考えたので紹介します。

頑張るには何かご褒美を貰えるから頑張るものだと思います。

ミニバスの頃頑張れた

おれは小学2年生からミニバスをやっていて高校卒業まで部活にも所属しバスケを続けました。小学生の頃は親に「シュートが入ったらベイブレード買って!!」と頼んでました。

漢字テスト40点から70点まで上げた

この話は小学4年生の頃です。漢字の50問テストがありました。当時、外で遊んだり家でポケモン育てるのが好きだったおれは漢字の勉強せずに遊んでばかりでした。

実際に50問テストをやり、テストが返ってきます。点数は40点でした。先生は「漢字の再テストするから漢字を1回ずつ書いて練習してきて」と言ってきました。

再テストをしました。また、テストが返ってきます。70点近く取れました。先生はおれに「漢字1回ずつ書くだけど、これだけおれが漢字できることを教えてくれました」。

2つの話から何故頑張れたのか

はじめに書きました、「 頑張るには何かご褒美を貰えるから頑張るものだと思います。 」

ミニバスの話は「親かベイブレードを買ってもらえる」ってご褒美があるから頑張れました。

漢字テストの話は先生がおれに「漢字もやればできる『自信』」のご褒美をくれました。

社会人になって周りから褒められことは減る

小学生のころ、頑張れたエピソードを2つ書きました。

今までは、親、ベイブレード、先生などにご褒美を貰ってきました。

だけど、社会人になると親、モノ、先生、先輩、上司から褒められることは減りませんか? もし、減ってないならあなたは『幸せ者』です。周りから認められ褒めてくれる言葉のご褒美、プレゼントは貰って嫌だと思いませんよね。

『自分で自分を褒める』大切さ

今まで頑張れたのは「周りからご褒美をもらえたから頑張れました」。でも、社会で周りにご褒美を貰えることも減ります。そうするとどんどん頑張れなくなっていきます。

ここで、他人もモノもなしで最強の頑張る方法を思いつきました。もう一度いいます。頑張るにはご褒美が必要です。

『自分で自分にご褒美』そうです、『自分で自分を褒める』のが他人もモノもなしで頑張る方法です。

今回は『自分で自分を褒める』の1例を出します。

例えば、おれは会社行くだけで「今日も出社して偉いな」と思います。そうすると「気分が良くなります」。おれは製造業なので作業中に2人いたとします。上司は業務連絡をしたいです。2人いるなら話しかけやすい方に頼みますよね。「仕事を得るチャンス」が来ます。上司に言われた仕事をこなすと「自分に自信」がつきます。

まとめると、「自分を褒める」 「気分が良くなる」 「仕事を得るチャンス 」 「自分に自信」 の4つのご褒美が来ます。

発端となってるのは「自分を褒めること」です。

よく「今週末、アイドルに会いに行けるから頑張れる」って口にする人がいますが、これも無意識に「自分で自分にご褒美を与えてる」から頑張れてるわけです。

「自分で自分を褒める」ことは誰でもできます。

お金はかからない人に迷惑かからないです。

さいごに

最後にいつもおれが頭の中に入れてる言葉があります。

「考えるか考えないか、やるかやらないか、年齢は関係ない」です。

「自分で自分を褒める」は考えれば思いつきます。やることもできます。15歳だからできない?30歳だからできない?褒めるに年齢は関係ありません。

これからもみなさんの力になれそうなことを発信していきます。後日この話はYouTubeで動画にしてあげます。

https://www.youtube.com/channel/UCNt1q3tDTUg9yj_3xLe-dIA?view_as=subscriber

View this post on Instagram

寝れないから長文書く テーマは『仕事を頑張ろうと思っても頑張れないので頑張れる仕組みを作った』です。 社会人になってからどうやったら頑張れるのかって考えてたんですよ。 小学生の頃はおやに『バスケでシュートが入ったらベイブレード買って!』と頼んでました。 漢字の50問テストで40点でした。しかも、小学生4年生で勿論クラスで最下位でした。先生が『明日再テストやるから帰ったらひと通り漢字1回ずつ書いてきて』と言いました。おれはその通りに帰ってから漢字を1つずつ書きました。次の日漢字テストの再テストをしました。おれは64点取りました。先生は『お前はやればできるじゃないか!』と言いました。嬉しかったです。 漢字を1つ1回ずつしか書かずに34点も多く漢字を書けたなんておれのなかで『こんなに漢字って楽にできるの?』ってなりました。 この話の2つにはご褒美を貰えるから頑張れてるってことが言える。 小学生だしおれは走るの嫌いだしミニバス行ってたのは仲間が楽しいからと『ベイブレードが買ってもらえるから』。 漢字は頑張っても最初はご褒美なんてもらえるわけ無いけど結果論で言うと『先生が褒めてくれた』。 これは親や周りの先生がいてくれたから頑張れたことだけど、会社生活してて褒めてくれる人はいますか?バイト先で褒めてくれる人はいますか? いても頻度が少なかったり小学生の頃程は『褒められるご褒美』や『ベイブレードのご褒美』はもらえませんよね? 周りに褒めてくれる人がいたらあなたは幸せ者です。 社会人になってバイトで働いて周りは褒めてくれ…って嘆いてる人いませんか? おれは最近人に褒めてもらえたら嬉しいけど機会は減ってます。世の中で自分にモノをプレゼントしてくれたり、褒めてくれる人は少数だと思います。 そこでおれが思いついたのは人やモノで褒めて貰って頑張るのをやめるは言い過ぎだけど減らそうと思いました。 いつまでベイブレード買ってもらって漢字のテストで褒めてもらえて『頑張りが持続するのかは分からない』です。 なので最近は『自分で自分を褒めればいいと思いました』。これって人やモノは関係ないです。 これ意外と世の中の人でできてる人少ないと思います。 自分で自分に褒めれば他人に褒められなくていいと思ってます。これで人に迷惑かかることはないし、寧ろ職場で自分で自分を褒めて『今日も時間通りに出社して偉いなおれはw』って思えばよくないですか? 『自分で自分を褒める』と機嫌がやくなります。機嫌が悪い人は話しかけづらいけど機嫌いい人の方が話しかけやすいと思います。 例えばおれは今はラインを動かす立場にいます。だけど、ラインを動かす立場の人間が機嫌悪そうだったらそこのラインの中の人に今日は加工数が30減ったから伝えといてとおれだったら思います。 だって、機嫌が悪い人よりいい人の方が話しかけやすい仕事を頼みやすいと思うからです。 だから、『自分を自分で褒める』は『自分の気分をよくする』以外にも上の話から『仕事でチャンスを得ること』ができます。 『仕事でチャンスを得た』としたら『自分に自信というご褒美が来ます』。 最初の2つの話の共通点でいいました。 人は『ご褒美を貰えるから頑張れる』と。 『自分で自分を褒める』→『自分の気分がよくなる』→『仕事でチャンスを得る』→『自分の自信になる』 これだけで『ご褒美を自分から1つ、気分から1つ、仕事のチャンスを得て1つ、自信で1つ』。合計で4つもご褒美貰えます。 おれ交際したことないから分からないけどこんな小さなことで『4つも恋人からご褒美もらえますか?』。コメントで教えてほしいです。 おれが言いたいのは1日に何個もご褒美なんて落ちてるんですよ。 これはいつもおれの言う言葉で『考えるか考えないかやるかやらないかで年齢は関係ありません』。19歳だから『自分を自分で褒めれない』なんてことはないと思うし考えれば思いつくことだしやればできることだと思います。 ご褒美なしで仕事は頑張れません。 ご褒美なしで物事は頑張れません。 例に上げると『恋人に会えるから遠くまで行く』ってことは『恋人に会える』というご褒美があるから頑張れてます。 アイドルを見に行って明日から仕事を頑張れるって人もいますがこれも『自分で自分にご褒美を与えてます』 頑張るには『自分で自分にご褒美を上げることです』。その中でも『自分で自分を褒める』は他人もいらないお金もいらないのでコスパ最強です。

A post shared by 繁樹 (@rental.girl) on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です